ホーム 家・住まい 家相のこと

家相のこと

2008/09/09

昔に比べ、家相を気にされる方は少ないような気がします。
それでも玄関,トイレ,水回りなどは、表鬼門・裏鬼門をなるべく外したり、
仏間の上にはなるべく上階を設けないようにはします。
家相はこだわりすぎると、正直住み心地に難ありの家です。
ただ、1度だけ若いご家族でしたが、家相に完全に合った間取りをつくったことがあります。
家相は、本や人によって多少違いがあったりもするんで、このときは
お客さんの持ってる本に沿ってということで、同じ本を買いその本の
言うとおりに間取りを作成しました。
境界からの空き寸やご家族各々の十二支方位,張り欠けなどにも合致するようにし、家相盤をつかいながら、キッチンの火気を外す為30cmずらしたり、微妙に建物配置を変えたりしました。
家相にあった間取り出来上がりましたが、住み心地が悪そうな間取りでした。家相に合った良い間取り出来ないとは言いませんが、家相の制約は大きいです。
結局は、建てることはなかったんですが、後々のことを考えると
正直建てずに良かったかなと。