ホーム 建物を安くするコツ 建物を安くするコツ-10-

建物を安くするコツ-10-

2009/01/15

10 住宅ローンの検討
諸費用のなかで、ローン費用の占める割合は大きく、
借入先によっても金額が違います。
ローン費用の中で一番大きいのが保証料。
フラット35は必要ないですが、民間銀行は基本必要です。
最初に一括で支払うか、金利(+約0.2%)に負担させるかの選択が出来、
トータル金額で見れば一括の方が安いですが、最初のイニシャルを
抑えたい場合は、金利に負担が楽です。
また支払い方法では、元金均等返済が元利均等返済より
総支払額は少なくなり、最初支払額は多いですが一考の価値ありです。
採用してない金融機関もありますので、確認してみて下さい。
ちなみにローンの金利選択は、全期間固定型・固定期間選択型・変動金利型
の3種類です。一般的に低金利時には全期間固定を選択するのが常道です。
ただ全期間固定は、他の金利形態に比べると市場が低金利の間の
支払い差額は結構高くつきます。
変動はオススメ出来ないですが、固定期間選択の場合は
繰上げ返済が可能や固定期間終了後の金利をいくつかシミュレーション
してみて問題なさそうであれば、固定金利選択が良い場合もあります。
あと利息含めた総支払額もチェックが必要です。
繰上げ返済されるのであれば、手数料も考慮し、団信料もフラット35で
あれば必要なんで団信料も含め検討してください。
金額面からばかりでしたが、使い勝手も重要ですので
トータルでご判断を。
※生命保険の見直しも忘れずに!