ホーム なぜ?建築条件付土地 なぜ?建築条件付土地 【5】

なぜ?建築条件付土地 【5】

2009/03/26

<注意点>
(1)土地と建物の同時契約をしない
(2)仲介料の有無
(3)建物契約不可の場合の白紙解約特約の有無
(4)建築現場確認、トータル資金計画等をすぐに行い
   早めに建物の目処をたてる
(5)完全注文住宅・追加変更は可能か
(1)同時契約すると、原則白紙解約が出来なくなる。
とりあえずの建物契約はすべきでなく、納得してはじめて
建物契約をすべきです。
ちなみに私共も、同時契約することはありますが、間取り・素材
見積り提案を行い、納得合意の上でやってます。
打合せは普通の注文住宅の場合と何ら変わりません。
(2)建売にちかい形態であれば、仲介料に建物分も含まれてる
可能性もありますので必ず確認を。
(3)土地契約にこの条項が入ってないと、解除したい場合
手付金が戻ってきません。
(4)出来るだけ土地契約前に、建物打合せを。
(5)事前に情報・知識を収集し、自身の要望・優先事項を決めておく。