Home > ブログ 建物を安くするコツ
point
建物を安くするコツ

10 住宅ローンの検討 諸費用のなかで、ローン費用の占める割合は大きく、 借入先によっても金額が違います。 ローン費用の中で一番大きいのが保証料。 フラット35…≫ 続きを読む

9 諸費用を減らす 諸費用は、必要なもので中身をあまり検討される方は 少ないのではないでしょうか。 やりかた次第では、少なくできる場合も。 登記は、所有権移転・…≫ 続きを読む

8 分離発注(直接施主発注) 施主さんで直接発注します。 範囲は様々ですが、設計・監理は設計事務所でそれ以外は 全部自分で段取りなんて方もいらっしゃいます。 工…≫ 続きを読む

7 自分で出きることは自分で いわゆるハーフビルド的考えです。 実際半分は難しいですが、内装・外構工事などは大変ですが、 やってやれないことはないです。 クロス…≫ 続きを読む

6 使えるものは使い、後でも出来ることは後に 例えば、照明・カーテン・エアコンなど、今お使いのものは活用する。 照明・カーテンはダメになれば、その時点で新しくす…≫ 続きを読む

5 1,2階の間仕切りを揃える 金額の為、間仕切りを揃えるのは変かもしれないですが、 もし揃えることが出来れば、構造コストが若干ですが安くなります。 梁のかけ方…≫ 続きを読む

4 仕様の見直し どうしてもというときは、屋根・外装・内装・設備などの仕様の見直しです。 ただし、単に金額減らすためだけでなく、耐久性・メンテのことも含め 検討…≫ 続きを読む

3 部屋数を減らす 部屋数を減らすというのは、なかなか難しいですが、 同じ床面積でも、部屋数多いのとそうでないのでは、金額がかなり違います。 部屋数が少なくなる…≫ 続きを読む

2 総2階に近いほどコスト減 例えば、総2階100m²と1階80m²・2階20m²計100m²の場合、 どちらも同じ10…≫ 続きを読む

1 平面形状が正方形に近いほどコスト減。 例えば、10×10と20×5の建物を比べた場合、どちらも同じ100m²ですが、 壁量は、20×5の方が10m…≫ 続きを読む