ホーム コラム 外壁を考える

外壁を考える

外壁は、サイディング・モルタル系・ALC・コンクリート等と様々なものがあります。性能面・外観面でも重要なポイントです。現在、7割ぐらいの家が、サイディングを使用しています。サイディングは、施工性・低コスト・色,種類などの選択の幅があり人気です。では、サイディングは、本当に良いものなのでしょうか・・・

私共は、原則サイディングは、あまりお勧めしません。
それは、雨漏りの心配○○風の外観が、あまり好きではないからです。
住み続ける上で、雨漏りは本当に嫌なものです。雨漏りの原因がわかれば良いのですが、特定出来ない場合もあります。どんな外壁・屋根も雨漏りの対策はしていますが、出来るだけ雨漏りの可能性が少ないものを選びたいです。

雨漏りの心配

雨漏りの心配は、シーリングの劣化からくるものです。サイディングのような乾式パネルの場合、必ずパネル同士の継ぎ目があり、そこをシーリングで処理します。サイディング目地は、シーリングが仕上げです。ただ、シーリングは10年ぐらい(もっと短い場合も)で劣化し、やりかえが必要です。
どんな外壁でも、塗り替えは基本的に必要ですが、塗り替えしなければ、すぐに問題が起こることは、少ないでしょう。しかし、シーリングの劣化の場合、下に防水シートがあるとはいえ、外壁の中に雨水が浸入し、心配です。シーリングをやりかえれば良いのですが、足場代もかかり、金額的にすぐに出来ない場合もあります。外壁塗装は必要ないのに、シーリングだけの工事では、躊躇されるかもしれません。

○○風の外観

○○風の外観ということでは、サイディングは、石割・レンガ・タイル・木調など様々なバリエーションがあり、良いことですが、あくまで、○○風・○○調です。本物と比べるとどうでしょう。
これは、好みの問題ですので、良い悪いはありません。ただ、本物の石・タイルなどには塗り替えはありませんが、サイディングで柄物のタイルなどの場合、塗り替えると1色になり、元の質感を得ることは、難しいです。

以上のことから、サイディングはあまりお勧めしていません。もし使用されるのであれば、せめて、釘ではなく金具止めの15ミリ厚以上の外壁にし、再塗装のことも踏まえ選択し、上記のことも知った上で、ご使用を検討下さい。
(補足)―住宅メーカーのなかには、シーリングでなく乾式目地を使っているところもあり、上級グレードのなかには、パネル継ぎ目にシーリング必要ないのもありますが、窓周り・出隅部にはシーリング必要です。