ホーム 素材へのこだわり ALC 「軽量気泡コンクリート」

ALC 「軽量気泡コンクリート」

私共は、30年以上に渡って、厚さ50ミリの軽量気泡コンクリートであるALC(ヘーベルライト)を使っています。
ヘーベルハウスさんと同種の外壁です。採用している理由は、性能のバランスが1番だと考えているからです。

—–

一般的な外壁のサイディングは厚みが大体15ミリ―25ミリ程ですが、ヘーベルライトは、厚さ50ミリもあります。
この50ミリの厚みの中に、名前のとおり、気泡を含んでいます。
厚みがある為、重厚感があり、凹凸もつけやすく、デザイン性も優れています。

1.耐久性

ALCは緻密に結合したトバモライト結晶を豊富に含んでいます。
また、木繊維やパルプなどの有機物を含まないため、乾燥収縮率や熱膨張率が小さいので、夏の酷暑や冬の低温・乾燥などに強く、ひび割れや反り、たわみといった変形が起きにくい安定した材料です。

2.断熱性

ALCの気乾比重は0.6。
水より軽いその秘密は、パネル内部にある無数の気泡にあります。
この気泡の働きにより、木造住宅用外壁材の中では優れた断熱性を持っています。
ヘーベルライトの50mmの厚さの中には、細かい気泡が均一に入っており、この気泡に含まれた空気が層をつくるため、熱の伝わりを抑え、夏の暑さや冬の寒さから室内の温度環境を守ります。

3.防火性

火に強いことは外壁にとって最も大切な条件のひとつ。
ALCは隣家の火災を寄せ付けない防火性を持っています。
ALCは火や熱に強いコンクリート系外壁材。素材は無機質の珪石などであるため、炎や熱を受けても発火することがなく、煙や有毒ガスも発生しません。
また、ALC内部には細かい気泡があるため、空気層が熱の伝わりを抑えます。
ヘーベルライトは、その優れた防火性能が認められ外壁材単体で防火構造を取得しています。一般的な外壁材の場合は、外壁材と内装材の組み合わせにより基準を満たすため、防火性能においてヘーベルライトの優位性は明らかです。

4.遮音性

快適に暮らすためには、ストレスの一因となる騒音をコントロールすることも大切です。
ALCはビル建築の遮音壁や遮音床などにも用いられるほどの優れた遮音性能。
50ミリの厚さを持つヘーベルライトも外部の騒音を十分に低減する効果があります。
ALCは音の反射が大きく、さらに壁体内に伝わった音は、50ミリの厚さ内に無数にある独立気泡が吸収するためさらに遮音効果を発揮し、室内への音の侵入を低減します。