ホーム 素材へのこだわり 無垢の木と自然塗料

無垢の木と自然塗料

無垢フローリング

パイン

無垢材の中でも特に柔らかく、優しい踏み心地は私たち日本人の足にぴったりです。小径木のため節が小さく、そして木肌の白さが材の特徴です。 また、経年変化でアメ色に変化していきます。

オーク(楢)

オークは古くから家具や、ウィスキー、ワインの樽の材料などに広く使われてきました。
木肌は堅く、傷がつきにくいことから床材としての利用は永い歴史があります。
木目は比較的はっきり現れ、「斑(ふ)」が入るという特徴があります。

メープル(楓)

傷の付きにくい適度な硬さと仕上げ面の美しさがフローリング材として非常に適したメープル(楓)です。

クリ

材質は堅く、衝撃に強く弾力性があるため古くから枕木や杭、 建築物の土台などに多く使われてきました。

バーチ(椛桜)

バーチ(椛桜)は、はっきりとした木目が無く、木肌が緻密で、磨くと艶が出るため家具等に使われます。

ウォールナット(胡桃)

胡桃というと一般的に硬い木の実を想像しますが、欧米ではウォールナットと呼ばれ貴重な褐色材として重宝されています。
ブラックウォールナット程色味は濃く無いですが、より柔らかな踏み心地が表情に非常にマッチした材料です。

無垢サイディング・パネリング

レッドシダーサイディング

「ヒノキ」に属するこの樹種は、殺菌成分と防虫成分を含んでいて、野外の使用においても優れた耐候性・耐久性を発揮します。
天然木の最大のメリットはこの「経年美」。「変色」=「劣化」はあてはまりません。
新築時の美しさから、5年・10年・20年と時を経るたびに味わい深さを増していきます。

ヘム(栂)パネリング

シンプルな白色の木肌は日本でも古くから構造材や建具に使用されており漢字の語源でもある木の母という言葉通り様々な素材・樹種との絶妙な組み合わせが自由自在です。
またカスリという独特な模様が白色にアクセントを加えます。

レッドシダーパネリング

独特の色味と形状安定性から外部デッキや外壁そして屋根にも使用され、世界的に愛用されている樹種です。
日本では表情が杉に似ているという事から米杉という呼ばれ方をすることもあります。

自然塗料

ドイツのメーカーのものを採用。成分は全て公開しており、ドイツ国内においてもその安全性はエコテストマガジンで証明されています。
100%植物油とワックスを使用した天然木材用保護塗料で環境や人にやさしく、耐候性も高いことが特徴です。
無垢の木にはかかせない塗料で、私共は混ぜていろんな色をつくり、様々な部位に使用しています。

ウッドチップペーパー(紙クロス)

ウッドチップを漉き込んだエコロジー壁紙のことで、1800年代にドイツで誕生したものです。
調湿性・通気性が良く、結露やカビに効果的で、化学物質を一切使っていませんので、環境や人にやさしく安全です。
上から塗装を塗り重ねることができるので、部屋の模様替えや汚れを消すのも簡単に行えるのが魅力です。