HOME 家づくり理念
家づくり理念

『家をつくる』ことは、それ自体は目的ではなく手段であり、家を建て『家族の幸せをつくる』ことが、目的だと考えます。
みなさん家を建てることによる、家族の幸せな未来をイメージされているでしょう。
家族の幸せが重要であり、家は、家族が住まうための器にしか過ぎません。では器である家が、重要ではないのかというと、そうではありません。家=環境が、人に与える影響が大きいからです。

例えば、間取りは家族のライフスタイルに影響があり、家族の会話を多くしたいという方には、リビング階段などは有効な方法の1つです。シックハウスやユニバーサルデザインなど、お子さんや高齢者の方々にとっては、特に重要な点でしょう。人は、環境に大きな影響を受けるのです

「どんな家をつくるか」・「どんな風に住まうか」は、『家族の幸せをつくる』ことにとって、たいへん重要でありかつ影響があるといえます。
もちろん、家は人生最大の買い物でもありますので、全ての要望を満たすことは、難しい場合もあります。その場合は、優先順位をつけ、今しか出来ないこと・後からでも出来ることの区別や費用対効果を考えることも重要です。


また、お金の面で別の見方をすると、『家をつくること』は、『住宅ローンを買うこと』でもあります。
家をつくれば終わりではなく、その後住み続けるために、住宅ローンを長期間に渡って支払わなければなりません。支払いが滞り、競売や任意売却という事例も数多くありますが、その裏には、仕方なく自宅を手放した人がいます。これでは、家族の幸せという面では、本末転倒です。資金計画は、たいへん重要ですし、長期に渡っての返済計画をじっくり検討しなければなりません。ライフプラン作成も一つの方法です。


家づくりを行うものにとっては、単に『家をつくる』だけでなく、『家族の幸せをつくる』ことにも関係しており、お客様にとって「どんな家が良いのか」を追求しなくてはなりません。
また、『家をつくる』だけでなく、それに付随する住宅ローン・登記・税金なども、アドバイス・提案が必要です。私たちは『家づくり全般に関わるサービス』 を提供していきたいと考えています。
それだけに、私たちは重責を担っており、家づくりのプロとして、深い探求心をもち、日々努力をしていくことを約束します。